メンズ

綺麗で伝わりやすいマニュアルを目指すなら翻訳業者へ

正確に作成する

アルファベット

会社の規模が大きくなるとき、海外にも支社や工場などを置くことが一般的です。海外での進出を成功させるには、何よりも今まで培った技術やノウハウを正確に現地スタッフに伝えることが重要です。そのためには、現地のマニュアルと本社のマニュアルをしっかり統一させることから始めるとよいでしょう。まずはマニュアルを現地の言語に翻訳していきます。その際、社内に現地の言語に精通した社員がいれば問題ありませんが、専門用語などが多い分野の仕事だと正確に翻訳するのが難しい場合も多々あるでしょう。そんなときに、マニュアルの翻訳を専門に手掛ける業者へ依頼をすると安心です。こうした専門業者の強みは、現地の言語に精通したスタッフが翻訳していることにあります。英語や中国語といった多くの人が学んでいる言語であれば社内でもカバー出来る可能性もありますが、カンボジア語やタガログ語といった社内で現地の言葉がわかる人が少ない言語である場合、言葉のプロに任せると翻訳ミスなどを防げます。特に日本語は、言語が変わるとニュアンスが伝わりにくい表現が多く登場します。ですので、仕事の分野によって選ぶ業者が変わります。例えば、工業系の技術のマニュアルを翻訳するのであれば、工業の知識が豊富でそういった翻訳を多く手掛けている業者に依頼すると正確性が増すでしょう。依頼する前にはその翻訳業者の業績や得意分野をしっかりと確認しておくことが最も大切といえるでしょう。

事前の打ち合わせが重要

男性

翻訳業者にマニュアルの翻訳を依頼する前には必ず打ち合わせを行ない、翻訳する内容についてきちんとすり合わせを行なうことが大切です。一般的に納期を急ぐ場合、15%から40%くらいの追加料金がかかる可能性があります。

もっと読む

翻訳の品質

勉強

無料で品質をチェックできるサンプルやお試し翻訳のサービスを上手く利用すると、最適なマニュアル翻訳業者を選ぶことができるでしょう。また、品質を保証してくれるオプションがあれば、さらに安心して依頼できます。

もっと読む