女の人

綺麗で伝わりやすいマニュアルを目指すなら翻訳業者へ

事前の打ち合わせが重要

男性

日本語から他国の言語にマニュアルを翻訳する際、専門業者を利用することが一般的です。基本的には、翻訳を開始する前に必ず打ち合わせがあります。翻訳するマニュアルの内容にもよりますが、まずはそのマニュアルに使用されている用語の解説や以前翻訳した文章などが打ち合わせで必要になります。打ち合わせをしっかりと行なうことで正確な翻訳が可能となりますので、必ず行なうようにしましょう。打ち合わせがなくいきなり翻訳作業がスタートする業者であれば、一度断るなどして様子を見るようにしましょう。また、過去の実績や評判などをサイトで確認しておくとさらに安心です。マニュアルは読む対象者によって、文章の構成や表現が変わってきます。マニュアルがお客様向けである場合は、丁寧でわかりやすく簡潔な文章でなければいけませんし、専門用語がたくさん入っている技術者向けのマニュアルであれば、正確性が求められます。打ち合わせでは、そういった部分までしっかりとすり合わせを行ないましょう。また、納期まで時間が少ないときは、追加の料金がかかるかどうかも確認しておきます。一般的な翻訳業者では、文字数によって納期が決まるところが多いようです。マニュアルの文字数が多い場合、考えている納期より時間がかかる可能性もありますので、納期を優先するなら特急料金を支払って依頼しましょう。だいたい15%から40%程度の追加料金がかかります。業者によって納期には多少の差がありますので、見積もりの段階で複数の業者と納期について比較しておくとよいでしょう。